オジサンという名前の魚

ogisan

出展:Yahoo!きっず図鑑

紀北町編集部の樋口さん「永松さん、オジサン、という魚がありましてね。」

ojisan_fish

出展:ペット日和

うまPではおなじみですが、世間ではまだまだそんなにおなじみではない、
三重県の紀北町(すみません)。

紀北町編集部の樋口さんから連絡を頂きました。

「永松さん、オジサン、という魚がありましてね、
ちょうど揚がったので、いま煮付けて食べているのですが、これがうまい!
濃厚で繊細な出汁が出て、少し弾力のある柔らかい白身に煮汁が絡みます。
いやあ、これはうまい」

僕も紀北町にはかなりの回数お伺いさせていただいたのですが、
まだまだ知らないことがあるものです。
うまいうまいと言われたので、早速調べてみました。
気になっている方は多いようで、まとめている方がいらっしゃいました。
http://matome.naver.jp/odai/2143247883997394601
(外部サイトに遷移します。)

オジサンという名前の由来

ojisan_n

出展:ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑

「オジサンという名前の由来は、顔の前面に髭があり、
正面から見るとまるで人間のおじさんのようであることから付けられた」
なんと、、、本当にオジサンだからオジサンとは。。。

「オジサンはインド洋や西太平洋に分布するヒメジ化の海水魚で、
日本では駿河湾より南の西日本や南日本などに分布している。」
なるほど、関東以北ではほとんど出まわらないということのようです。

お魚にもやはり地域性があるものですね。
そして、地域ごとのこういう違いがあるからこそ、日本はますます面白いですね。

Commentコメント

Leave a Reply