「新丸正」さんEUへの挑戦

スクリーンショット 2017-02-27 13.31.43

出典:目指せヨーロッパ かつお節の挑戦

国産かつお節のEUへの輸出の道をひらいた「新丸正」さん

かつお節。和食の味の輪郭を作るには欠かせない存在であることは、うまPプロデューサーのみなさんには当たり前すぎる話ですが、NHKニュースウェブによれば、国産のかつお節のEUへの輸出を、全国ではじめて焼津市の「新丸正」さんができるようになった、とのことです。EUの基準に合わせた認定の申請からおよそ2年、先日2月15日に「EUHACCP」の認定書を、国内のかつお節の工場としてはじめて、取得したとのことです。
目指せヨーロッパ かつお節の挑戦

まるでプロジェクトX。ジーンとします。

今ごろ?と言う感覚の方もそうでない方もいらっしゃるかと思いますが、ミラノ万博の時に日本からのかつお節が持ち込めない、と言うことでひと揉めあったのは記憶にあたらしいところ。
ミラノ博覧会で発覚!「かつお節事件」の衝撃
燻すところと、カビ菌をつけて乾燥させるところなどがネックになっていました。
だったらフランスで作ってしまえ、と言うことで、枕崎のかつお節屋さんがブルターニュに工場を作ったり、
ブルターニュのかつおぶし工場、きょう始動!
いろんな工夫があった中で、今回焼津の会社さんは自社の工場をEUHACCP対応にすると言うことで乗り越えようとされた、ということのようです。
なんだかプロジェクトXですね。ジーンとします。
英語でも「KATSUOBUSHI」として乗り込んでいく、焼津のかつお節。「ヨーロッパ市場は日本の食文化をブランディングできる数少ない市場だ」という意気込みで進んでいくそうです。

Commentコメント

Leave a Reply