「ダルス」という海藻が海外で注目されているそうです。

スクリーンショット 2017-05-15 16.32.53

出典:北欧の海藻「ダルス」は、500億円市場になる可能性を秘めたスーパーフード

スーパーフード「ダルス」

Sea weed(海の雑草)からSea Vegetableへ。
「ダルス」という海藻が海外で注目されているそうですね。食糧新聞で拝見しました。ちょっと調べると、少し前から注目され始めているようですね。炒めるとベーコンのような味がするそうです。
ビタミンやミネラル、そしてタンパク質が豊富、ということで、アメリカでは新たなスーパーフードとして注目されているそうです。

素材の良さを活かすために

栄養価を損なわないように、むしろ引き出すようにどうやって簡単に手軽に、調理したり商品化するか、というところのアイディアが必要になってくるんでしょうね。その引き出し方というのは、相当工夫がいると思います。記事の中では乾燥させたダルスをスナックにしたり、ソースにしたりすることもあるとか、パンに入れたり、お肉を包んで焼いたりとか、いろいろ模索されているようです。

親近感の湧く「ひろめ」

うまP的には、うん、「ひろめ」ですね。三重県紀北町の謎の海藻「ひろめ」。漁師の石原さんが知恵を絞りながらまずは量を作れるようにご苦労されているという状況、ここから魅力を引き出しながらどうやって活用シーンを広げていくか、というところですね。「ひろめ」もフコイダンやフコキサンチンなどの抗酸化成分がわかめに比べてもだいぶ多いとされています。
魅力があるのに埋もれている食べ物は、洋の東西を問わず、まだまだあるものなのですね。

Commentコメント

Leave a Reply