世田谷区で、「フードドライブ」の取り組みを定期的に実施し始めたそうです。

スクリーンショット 2017-06-06 14.44.02

出典:世田谷区、家庭の余った食品常時回収 福祉施設へ提供:日本経済新聞

フードドライブ

世田谷区では、家庭で食べきれず余っている食品を回収し、福祉施設などに提供する「フードドライブ」の取り組みを定期的に実施し始めたそうです。体制を強化して回収量を増やし、「食品ロス」の削減を目指すそうです。
缶詰やインスタント食品、調味料、乾物などを幅広く受け付けますが、未使用未開封で賞味期限が2ヶ月以上残っていることを条件とするそうです。余った食品は「こども食堂」などの取り組みに寄付するそうです。ゴミの減量にもつながります。

これから定期的に行われるようです

コープさんとか、NPOさんなどによる単体の取り組みはこれまでもあったように思いますが、行政も関与して取り組みの輪をつなぐというのは、行政としてとても踏み込んだ取り組みのように感じます。
第1回と第2回はもう済んだようですが、これから定期的に行われるようです。
フードドライブを実施しました!
いつか食べると思って寝かせてしまっている食材など、気がついたら賞味期限が切れていた!となる前に、活かして行きたいものですね。

Commentコメント

Leave a Reply