ブータン人の旦那さんと日本人女性の夫婦が経営するラーメン店が人気だそうです。

スクリーンショット 2017-08-07 10.01.07

出典:ブータンでラーメン店熱気 高地でスープ作り苦心

未来国家ブータン

ブータン、といえば、未来国家ブータンと言われていますが、ブータンの首都ティンプーで、ブータン人の旦那さんと日本人女性の夫婦が経営するラーメン店が人気だそうです。「HAYATE」ラーメンと言うそうです。
旅行でブータンに来ていた奥さまと結婚した旦那さんが、移住したつくば市でラーメン店に勤務したのがきっかけだそうで、専門学校にも通ってラーメン作りを学んで、故郷でラーメン店を作ることを決意、昨年開店したそうです。

試行錯誤の末の企業秘密スープ

でもなかなかご苦労も尽きないようで。ティンプーは標高2300メートルなので、水が90度で沸騰するので、スープを煮込んでも濃くならないとか。だいぶ試行錯誤して企業秘密のスープが出来上がったそうです。
スープ作りに使う野菜はすべてブータン製。「ブータンはまだ貧しい国。自国の食材を使えば、農家の助けにもなる」というコメントに感心しました。

愛されるラーメン

ブータンの方もテレビで見たことはあるけど食べたことはないと、大喜びだそうです。ブータン政府が提唱するGNH=国民総幸福量の向上にも貢献しそうですね。

Commentコメント

Leave a Reply