6月30日は夏越ごはんの日、だったそうです。

スクリーンショット 2017-08-07 11.04.56

出典:夏越ご飯

大祓の神事「夏越の祓(なごしのはらえ)」

一年の前半の最終日にあたる6月の晦日に行われる大祓の神事「夏越の祓(なごしのはらえ)」にちなんだもので、一年の後半を新たな気持でスタートする時に食べる行事食、だそうです。
神社などではこの時期「茅の輪くぐり」が行われます。鳥居の下や拝殿の前などに茅や藁などで作った大きな輪を設け、そこをぐるぐるとくぐります。これが一年前半の罪や穢れをはらい、残り半年間の無病息災を祈るものだそうです。築地の波除神社さんなどは常設しているのを目にします。

夏越ご飯でエネルギーチャージ

夏越ごはんは、雑穀ごはんの上に「茅の輪」をイメージした緑や赤の旬の夏野菜を使った丸いかき揚げを乗せておろしだれをかけたものだそうです。確かに夏らしくて、エネルギーがチャージできそうなごはんですね。

お祝いムードがないのはなぜか

先日メルマガで、夏至などのこの時期に意外と季節の食の風習やお祝いムードがないのは、なぜか、という話を研究したのですが、昔はこの時期に田植えをするのが一般的だったため、祝う時間をさくのが難しかったことや、梅雨と重なるために太陽の恩恵にあやかる実感を持ちにくかったという理由が考えられると伝えています。
恵方巻きに続く、新しい習慣になるのか、どうなのか。とはいえ、おいしそうなので、一度食べてみたいなあとは思います。

Commentコメント

Leave a Reply